クリニックによって施術に空ける期間が異なるのはなぜ?

今や女性のムダ毛処理は当たり前となっています。特に夏場など露出が増える時期は、毎日のムダ毛処理が欠かせません。しかし、簡単なようで意外と面倒なムダ毛処理。肌へのダメージも大きいので、いっそのこと専門機関でプロにお手入れを任せる人も増えています。永久脱毛をするなら医療機関でのレーザー脱毛がお勧めです。エステの光脱毛よりも値段はかかりますが、その分高い効果が期待できるためです。

そんな医療レーザーですが、クリニックによって施術に空ける間隔が異なるようですが、それはなぜなのでしょうか。
まずレーザー脱毛とは黒い色に反応する光を照射し、毛の元とも言える毛母細胞をやっつける方法です。この光が効果があるのが、毛の生え変わりのサイクルである毛周期の中の成長期の毛のみなのです。毛周期は1本毎に異なるため、いくら効力の高い医療レーザーでも何度か照射が必要となるのです。

ここで間隔の差についてですが、それは毛周期の違いが原因です。生える部位や毛質、体質によって毛周期の期間が異なります。それに合わせるためです。また、照射を続けていくと、毛の生えるまでの期間が長くなります。そのため、次の照射までの間隔が最初は2か月だったのが、次は3ヵ月と徐々に長くなることがあるのです。

次の照射までに空ける期間がクリニックによって異なるのは、こういったきちんとした理由があったからなのです。